FC2ブログ

記事一覧

恋の遺品整理

【しんみり~な内容です】


かな~りお久しぶりな投稿になります('◇')ゞ!



以前の投稿から半年・・・は経っていると思われますが、



その間おーなーの周囲では
色んな変化やどうしょーもない出来事が起こったりしておりました





なのでブログをさぼった。
とても書く気にも慣れなかった



待って居てくれた方がた、
許してたもれ( ノД`)



まず変化その1


去年暮れ頃、
息子たち2人がいきなき引っ越してきた



1LDKの部屋にふんづまって生活をする事になる


犬2匹、大の男が2人におーなーのメンバー
狭すぎる新生活




変化その2



おーなーの親、
癌がとうとう末期がん


身内というようなモノも居ない孤独者です。
おーなーが面倒見ざる得なくなる




変化その3




失恋よ、ああ失恋よ
多分失恋だろう、うん間違いないはずだ




詳しくは下に書きましょう



っつー変化な出来事3つが起きました


まず1から行ってみまショーー(゚∀゚)!!




おーなーは皆様に癒しを与える整体師である


っつーか、
普段から自分の事とかあまり喋らん




聞き役であるが、それに対して返す言葉が長い

暑苦しいというヤツである




ですが

親しくなった方には時には愚痴る時もあるが

こういう接客業、



どんな方でも
基本はお客様のお話を聞く方が多くなるのではなかろうか?





・・と、
そんなわけなので


まして



おーなーは何故か常に訳ありで
面倒がられるのを自覚しておるので



なおの事、
家庭のゴタゴタなどほとんど言えずにいた






おーなーはバツ2なのですが、
2回目の離婚をして早4年ほどたつ





その際、
数名のお子様は前の夫のもとに置いて離婚せざる得ない事情があり


離婚したばかしの頃は本当に毎日泣いていました






若い時にできた子供でしたので、
おーなーにしてみたら



人生の半分は一緒にいるような存在の子供たちでしたので、
一人で生活するっつー事自体がまず慣れなかった




その寂しさも涙の理由にありました





ですが良い方にとれば、


一人であったから
今の仕事を始めることが出来たのは間違いないのである





多分子供たちがいたら
出張整体の仕事は始めていなかったであろう






とりあえず~。
なかなか理解されにくい事ではあるが・・・







みなさん、


周りに酒乱っていますか!?







実はの、

2度目の旦那は酒乱で離婚したのです





おーなー酒は飲みませんし、
それに周りとか、今までお付き合いした人とか

飲酒の日課のある人もいたけど、




酒飲んだからって、だからなんなのさって感じで、




今まで特に、
酒を飲む人に対して思う事とか



特になにか考える事もありませんでした









それが180度


常識ひっくり返された思いを経験したのが
2度目の旦那というヤツです






よく言われるんですよ






何で結婚するまで気が付かなかったの?

とか、

そんな人の所に何で子供おいてこれるの?

とか






なーに言ったって、
どうせおーなーが人を見る目が無かったで片づけられるし、




理由を話せば長くなるから話しきれないし、
話そうとすれば言い訳になるし、
少しだけ話せば


子供置いてきた女っつー言われザマで




だから一部の人以外にはなんと思われても構わんと、




特に深い
理由は話したこともなかった






ははん(=゚ω゚)ノ


世間の冷たい風なんて慣れてんだぜ!
チックしょーーーっめ( ノД`)フォォォ!!






まあ、
短くまとめると






酒乱のやつは記憶を無くすし、

それに酒乱の姿は
おーなーと、おーなーの身の周りの人達や、

ヤツにとって下っ端の立場の人に酒乱を見せるのである





なのだが、




子育てはちゃんとやるし金も持ってる。
子供には暴力や暴言の類もやらず、




むしろ


よい父親の類に入る人物だ


だから厄介だった





と、


そんなヤツだったのだが、





おーなーが家を出て行ってからというモノの





息子ら二人はパワハラを受けていて、
我慢も限界で出てきた



っつーか、

いきなり追い出された

っていう筋書きっす






無論、今回も


追い出したとうの本人は、


追い出した出来事自体を覚えていなく、
息子たちが勝手に出て行ったという出来事になっているのがどうにも悔しい





が、


シカと



過去の男だ。
関係ない






いくら成人した息子らでも、
何の準備もなくいきなり追い出されたら・・・



誰でも困るだろう
これはいじめだと思った






そんな訳で


ウチにとりあえず住ませる事にしたので、
嬉しさはある物の正直複雑な部分が・・・




おーなーの家の中は、
一人暮らし仕様そのままである事であった





いきなり引っ越すこともためらわれ、
まずおーなーの荷物を軽トラ一台分処分して




子供たち分の生活スペースを空けたっす!(*'▽')!







はるか~昔を思い出しましたよ( ;∀;)





子供たちのおもちゃが増えてきて、
段々と家の中が狭くなってきたので

昔からコツコツ増やしてきた
漫画本とイラスト集コレクション約1200冊・・・・




ブックオ〇にくれてやったのさ!!





しかたねーさ!

広い家借りられない自分が悪いのさ~と

心で泣いたのを懐かしく思い出しました






まあそんな感じでお客様の所に出張で整体整体~とやりながら
こつこつ家の中を改造して



落ち着くまでに1か月位かかりました




うん!
ちゃんとした家!(*'▽')♥!



と満足した矢先っす



母親がとうとうヤバくなって来ました






そのあたり、
2回目の余命を告げられたんです




母は肺がんだったのですが、
見つかった時点でステージ3のbだったので、


すでに手術は出来ない状態でした





一度目の余命宣告受けた時
母親はかなりよろめいて泣いて、


母の妹さんとか、再婚した母の旦那さんと私のばあちゃんもいたのですが




皆して泣いてるんだ・・・・





その時産まれて初めて
おーなーは母の肩を抱きました



よく覚えてないですが・・





大丈夫、
私がいる




と、
ただおーなーはずっと笑って
母の頭撫でながら、手をつないで歩きました





その時に
なんとなく心に誓いました






私は最後まで

皆の前では泣かない






そしてその時二度目に受けた余命は
半年は生きれないといった内容でした




その辺りからまめに入院をするようになって、
子供の時以来、

頻繁に母と顔を合わせる機会が増えました





おーなーは
母に子供を預けた事がありません




ずっと疎遠で生活していたので、

本来ならもっと交流を取ってなければならなかったのでしょうが、

どうしてもそうなれない家庭事情があったりで叶いませんでした





ですが

母の病気をきっかけに

母が一番信頼していたのが
おーなー自身である事を知る事ができました






お客様たちに隠すことも無いだろうと
何人かの方には、

肺がんで長くないんだっつーニュアンスで話だけはしてました




いずれ亡くなればお店を休みにするしかなくなるので、
それのご報告も兼ねてって感じです



ですが実際の中身は話すことはありませんでした





だって~・・・




これから気持ちよく揉んでもらおうとする時に、
こんな湿っぽい話聞かされた日には



多分、
お客様がおーなーを揉んでくれるのだろうと思ったのです






本格的に忙しくなってきたのは2月頃からですかね・・




母が弱れば弱るほど、
子供みたいに甘えん坊になって行きました



毎日見舞いに来いと言われます






病院についた矢先、ご予約が入ってとんぼ返り~とかそんな感じで、
そして最後の1か月





緩和ケア病棟に入ってからは、



ほぼ病院に住んでいる状態になってたので、
今だから言える






かなりしんどかったっス( ;∀;)




まあ~そんな感じで2週間くらい前ですか。





お母さんは死にました


もう、お母さんという言葉を使うことも無いと思ったので、


お母さんは死にました


と、

書いてみました




湿った話続く




茨城県土浦市のまじめにそこそこゆる~い感じのイタきも出張整体★【180分14000円】の親切料金(=゚ω゚)ノ【とんとことん院】は茨城県内ほか、千葉県内、~埼玉県一部までと幅広いエリアでガッツリ整体に参ります★技とタッチは女でも任せとけ!!ワッホウ



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とんとことん院 はる

Author:とんとことん院 はる
【とんとことん院】の はる が、ちまちま書いていきますのでよろしくお願いします

最新コメント